« | メイン | »

2013年06月07日

黒田日銀による「異次元」と称した紙幣のバラマキ。円安・株高で一時的には世間も浮かれたが、ここにきて急激な円高・株安。残るは借金ばかりか。骨粗鬆症のような骨太方針では国民にも足許を見られるだけ。家計の所得アップや年金、医療の充実など、生活者第一の地に足が着いた景気対策が望まれる。

投稿者 kenyuu : 2013年06月07日 15:49