« 2013年04月 | メイン | 2013年06月 »

2013年05月31日

大橋巨泉さんがフランスの子育て支援をコラムで紹介している。子育手当はもちろん、休職、乗り物や美術館、ホテルの割引等至れり尽くせり。フランス女性一人で二人近くの子供を生んでいる。子供は国民みんなの子、子育にかかる費用は全額国費でカバーする子供ランドにしてゆかなければ日本の明日はない。

投稿者 kenyuu : 19:17

2013年05月27日

政策チラシ

山岡の政策チラシはこちら・・・

政策チラシ その1(PDFファイル136KB)
政策チラシ その2(PDFファイル196KB)

投稿者 kenyuu : 21:16

インタビューを受けました

生活の党を応援する市民グループ「ちーむ・ちゃいくろ」さんの
インタビューを受けました。

インタビュー内容はこちら・・・参考資料(PDFファイル/216 KB)

投稿者 kenyuu : 21:13

最近は出張が多く地元の家に暫く戻っていない。気掛りは年老いた愛犬ハッピー。ごはんをちゃんと食べているのかな。雨で濡れているのでは。家内から「元気でいるわよ」と聞いてホッ。家族みんなに心配されるハッピーはハッピーな犬なのか、いや、皆で同じ心配を出来るわれわれの方が本当にハッピー。

投稿者 kenyuu : 17:50

2013年05月24日

80歳三浦さんエベレスト登頂の快挙。病を克服してやるもんですね。「目標あれば老い感じず」とのこと。回りの人や家族の支えも大きかったと思うが、本人の具体的な目標と使命感がエネルギーを生み出したのでは。私も最後にものをいうのは執念、体力、持続力であるという人生訓を改めてかみしめている。

投稿者 kenyuu : 18:19

株暴落、長期金利急騰、各市場大荒乱高下 日銀の人為的市場操作と、国民に景気が良くなると思い込ませる心理操作は参院選迄もたないかも。強い経済とか強い農業などと、裏付のないかけ声だけで期待感を煽る政治は1年とは持たないのでは。弱い中小企業や弱い生活者を大事にしてゆくのが政治の王道である。

投稿者 kenyuu : 17:37

2013年05月22日

原子力規制委員会は、敦賀原発「直下」に活断層があると認定したとのこと。直下でなくても活断層はいたるところにある。そもそも日本自体が、フランスなどとは根本的に違って、どこからでも温泉の出る火山列島であり、原発に最も向かない国である。一日も早く自然エネルギー立国に変えていくべきでは。

投稿者 kenyuu : 15:19

2013年05月21日

米で巨大竜巻、小学校を直撃。今や対岸の火ではない。ついこの間、住まいのある真岡市でも、前例のない大竜巻に襲われ、小学校が大被害を受けた。温暖化の影響で21世紀後半は竜巻倍増とのこと。干ばつや洪水、海面の上昇による耕作地の減少、急激な人口増、食料自給体制が急がれる。TPPではない。

投稿者 kenyuu : 16:29

2013年05月20日

高級官僚の天下りの場として、国民の間で批判の強かった独立行政法人が、またぞろ復活強化されるとのこと。原発の再稼働、TPPの推進、消費税増税、そして憲法改正へとまっしぐら。国民の生活は一体どうなるのだろうか。戦後67年、日本はいつかきた道を確実に歩んでいる。なんとしても止めなくては

投稿者 kenyuu : 15:22

2013年05月10日

円安加速101円 株1万4千超。マスコミはいいことずくめの論調である。本当なのだろうか。貿易立国日本の貿易赤字の加速、庶民の生活ひっ迫という側面が見落されている訳ではないと思うが。国民の生活は賭け事であってはならない。冷静な世論、重厚な政治、歴史を振り返れば色々と考えさせられる。

投稿者 kenyuu : 18:01

2013年05月08日

我が家のメスの甲斐犬ダイは、毎朝私が寝室から台所に向う廊下ずたいに、ずっとついて来ます。ガラス戸を開けて頭をなでると、耳を降ろし嬉しそうに目を見つめ続けます。人には近づかない、尻尾も振らずで引き取り手のない不憫な犬でしたが、何んともいじらしく、かわいくてかわいくて涙が出そうです。

投稿者 kenyuu : 17:16

2013年05月07日

原発事故の原因も未だ解明されず、汚染水の処理の見通しもないまま、原発輸出を推進する理由は何なのか。長嶋、松井さんの栄誉賞は嬉しい限りだが、何で審判の背番号が憲法改正の96番なのだろうか。戦後67年、歴史は繰り返されようとしている。国民が望んでいるのは平和で安心して暮せる世なのでは。

投稿者 kenyuu : 17:52

2013年05月02日

憲法96条「自・維・み9割超改正賛成」というある新聞の見出し、どうお受とりになりましたか。国民の9割が賛成しているような印象を与えようとしているのでしょうか。別の新聞の一面は「反対54%賛成38%」、どちらの肩を持つつもりもありませんが、国民が正しく判断できる新聞であって欲しいですね。

投稿者 kenyuu : 17:55

2013年05月01日

裏付けのない円安で、燃油代が高騰してイカ釣り漁船が一斉休漁、ほかの魚にも追随の動きが見られるとのこと。地元の苺などのハウス栽培、原材料高の中小企業は成り立たなくなるのでは。収入は上がらず、景気も全く良くなっていないのに、気分は期待感だけのバブル。生活破綻がないよう何とかしなくては。

投稿者 kenyuu : 15:34