« | メイン | »

2013年04月05日

財務省出身の黒田日銀総裁が、自民党と財務省と一体となって、実体のないお金を白川時代の3倍のペースで市場に放出している。裏付けのないお金を大借金をして大盤振舞いすれば、その瞬間だけは華やかで、一部の人達は大儲け出来るかもしれないが、悪性インフレを招いて、物価は高くなり、収入は増えず、一般生活者が大打撃を受けるということは、日本や世界の過去の歴史が物語っている。「物価の安定」のためにある日銀の独立性も、存在意義も完全に失われることになるのでは。

投稿者 kenyuu : 2013年04月05日 17:30