« 2013年03月 | メイン | 2013年05月 »

2013年04月30日

地元の愛犬ハッピーが今年で17才になる。
耳が全く聞こえず、幸せそうな顔をして寝てばかり。それでも顔を近づけると、はっと目をさまし嬉しそうに尻尾を振る。共に闘ってきた戦友であり、側にいるだけでいいから頑張っていて欲しい。何もしてやれず、涙を流し、おろおろ歩き、宮沢賢治の心境でいる。

投稿者 kenyuu : 17:06

2013年04月26日

JR福地山脱線事故から8年、事故現場で献花をさせて頂き、その足で福島に向かった。被災者やご遺族にとっては年月は全く過ぎていない。事故を忘れず、原因究明を徹底し、二度とこの過ちを繰り返さない。ゆめゆめ風化をさせてはなるまい。あの悲惨な戦争すら忘れて平和憲法を変えようとするのだろうか。

投稿者 kenyuu : 18:03

2013年04月23日

東京は夏日であるのに、旭川はみぞれ模様でした。旭山動物園のスターである白熊一家はオスが一頭メスが三頭。北極ではオスがメスを殺すこともあるほど凶暴なのだそうですが、ここではメスが強くてペアリングに成功しないのが悩みとの職員の方のお話でした。所変れば熊も変わるということなのでしょうか。

投稿者 kenyuu : 17:24

2013年04月22日

人間とコンピュータによる将棋対抗戦で機械が圧勝したとのこと。一つの試みとしてはそれなりの意味もあったと思う。しかし、将棋も碁も、人と人との勝負に本来の楽しみや味があるのでは。知力に加えて、体力や精神力、格の違いや環境等、人間力の勝負が見たい。機械は勉強や研究に大いに活用すべきでは。

投稿者 kenyuu : 17:39

2013年04月19日

円安で輸出が増加としきりに煽り立てている大新聞があるが、輸出額より円安による輸入額の増加の方がはるかに大きく、貿易赤字は深刻の域に近づいていることは余り報じられていない。輸出増は、日本産業の輸出競争力を強化することと、海外景気の回復以外に道はない。地に足のついた政策と報道が望まれる。

投稿者 kenyuu : 16:20

2013年04月18日

皇太子ご夫妻が、オランダの新国王の即位式のため、10年ぶりの外国公式訪問に向かわれるとのこと。嬉しいニュースですね。雅子妃殿下におかれては、私が外務委員会の理事をしていた頃、外務省スタッフとして国会で大活躍をしておられました。あのはつらつとした笑顔で皇室外交を担われる姿が目に浮かびます。

投稿者 kenyuu : 15:26

2013年04月17日

TPP交渉に入るためにと前のめりになって、自動車も保険も交渉に入る前からアメリカに譲歩してしまった。一方日本の主張するコメなどの5品目を関税撤廃の例外にすることなど、夢のまた夢の様相である。最初からTPPありきを、交渉の場で頑張るなどと思わせぶって、国民を騙すのがいつもの手では。

投稿者 kenyuu : 14:28

2013年04月16日

30年来なじみのソバ屋さんで、定番の「鳥わさ」を頼んだところ、今は出せないとのこと。鳥インフルエンザの影響だと改めて認識させられた。頭では、大変な事態だ、日本も用心しなければ、といつも思いつつ、実生活では、危険に直面する迄全く無関心でいるというのが、現実の姿であった。

投稿者 kenyuu : 15:38

2013年04月12日

自民党は、TPP参加による農家の反発をかわすため、「大規模化」「所得5割増し」「輸出による攻めの農業」などと、いかにも農家や農業全体が良くなるかのような、ごまかしの公約を出そうとしている。ごく一部の強い農家だけを生き残こらせて、他は切り捨てると言っているに等しい内容である。
自民党は強い農業と称して、採算性の合う農家だけを生き残こらせる政策を進めようとしている。農業は農家の採算性だけの問題ではない。都会の人、会社で働く人、私達の大切な子供達や孫達の将来の食料の確保や食の安全の問題である。政治家は、そういう国家の基本的な視点を見失ってはならない。

投稿者 kenyuu : 11:57

2013年04月11日

福島第一原発の汚染水漏れ。毎日400トンずつ増える汚染水管理は綱渡り。この先何年もどう対処するのか、考えると恐ろしさを覚えるのは私だけでしょうか。そんな中、原子力規制委員会が新安全基準案を決めた。基準を緩和し再稼働を急ぐ向きもある様だが、福島原発を踏まえ、規制委には厳しい対応を願う。

投稿者 kenyuu : 16:41

2013年04月10日

放射性物質に汚染された水が、移送先でも漏れている。原因も不明確、対策も見つからず、増え続ける汚染水の保管場所も余り残されていないとのこと。それでも原発の再稼働が進められている。原発利権に固執するグループに、犠牲と負担を強いられる生活者が圧倒されてしまうのはなに故なのだろうか。

投稿者 kenyuu : 17:46

2013年04月09日

サッチャー元英国首相が亡くなられた。特別名門でも二世でもない、普通の市民から首相にまでなり、一般の市民と同じように家庭を守りながら、あれだけの偉業を成し遂げた。政治家とはそうあるべきであり、そう在りたいと、誰もが思うのではないでしょうか

投稿者 kenyuu : 17:30

2013年04月08日

福島原発の停電や汚染水漏れ事故が続いている。東電は、ネズミやシート破損のせいではないかなどと、いかにも安易な問題であるかのように発表しているが、本当なのだろうか。多くの国民は心配をしている。言う迄もなく、子供達や孫達の将来の重大な問題でもある。一日も早い脱原発国家を実現したいものだ。

投稿者 kenyuu : 17:07

2013年04月05日

財務省出身の黒田日銀総裁が、自民党と財務省と一体となって、実体のないお金を白川時代の3倍のペースで市場に放出している。裏付けのないお金を大借金をして大盤振舞いすれば、その瞬間だけは華やかで、一部の人達は大儲け出来るかもしれないが、悪性インフレを招いて、物価は高くなり、収入は増えず、一般生活者が大打撃を受けるということは、日本や世界の過去の歴史が物語っている。「物価の安定」のためにある日銀の独立性も、存在意義も完全に失われることになるのでは。

投稿者 kenyuu : 17:30

2013年04月04日

テキサスレンジャースのダルビッシュ投手が、完全試合の達成を逸してしまいました。あっぱれではありましたけれど、やっぱりちょっと残念でしたね。でも、最後には球場が一丸となってダルビッシュへの声援が送られたとのこと。敵地であるにもかかわらず、スポーツファンは純粋で温かいですね。嬉しくなります。

投稿者 kenyuu : 14:44

2013年04月03日

今日は雨と強風で外は大荒れです。出張の飛行機が飛ぶか心配しております。海の外も、北朝鮮問題や鳥インフルエンザの不安で満ち満ちています。人為的円安にすると物価が高くなって景気が良くなるという、意味不明の論理で花見気分の日本が不思議でなりません。

投稿者 kenyuu : 16:52

2013年04月02日

きょうも「ツグミ」から挨拶を受けました。ツグミは、冬だけ日本にくる渡り鳥なのですが、桜が終わったのに未だ帰ろうとしません。私が廊下に立つと、庭の奥からかけ寄ってきて、頭を上げたり、下げたり。口はツグンダままですが、心が通じ合っているようです。

投稿者 kenyuu : 15:40

2013年04月01日

長嶋氏と松井氏に国民栄誉賞

吉田沙保里さんと大鵬関に次いで、長嶋氏と松井氏に国民栄誉賞とのこと。お二人の人気と活躍は、国民誰もが認めるところであり、喜ばしい限りです。せっかくの賞ですから、政府の政治利用との印象を与えないようにして欲しいものです。

投稿者 kenyuu : 17:07