« 2010年02月 | メイン | 2010年04月 »

2010年03月31日

党首討論・政権公約会議

 今日は、党首討論、政府・民主党首脳会議、政権公約会議と、総理とご一緒の日程が続く一日となりました。

 党首討論につきましては、各党首ともに非常に活気があり、鳩山総理は普天間をはじめとする問題等に、正面から的確にしっかりと答えていらっしゃいました。この党首討論につきましては、審議の引き延ばしがされないことを前提で、定期的に開催してゆきたいと思っております。

 政府・民主党首脳会議、政権公約会議につきましては、夏に行われる次期参議院選挙におけるマニュフェストの作成過程の枠組みや、タウンミーティンでの国民意見の聴取について、また各担当委員会での役割などを話し合いました。

 政府、党が一体となった事業仕分けを通し、無駄を洗い出してゆきます。掘り起こした財源を効率的に配分しなければなりません。

投稿者 kenyuu : 18:27

2010年03月24日

本予算 年度内通過

 本日、参議院本会議にて、予算案が可決され、予算の年度内成立致しました。

 通常国会が開会してから、約3カ月にわたり、衆参一丸となって年度内成立に向けて、全力を挙げてまいりました。民主党政権が政治を担っての、初めての予算であり、私達が国民の皆様にお約束をしてきた政策が世に出るところとなりました。

100324.jpg

 通常国会の前半戦が終わり、後半戦も重要な法案が待ち構えております。
今後は、民主党政権はどこに向かうべきなのか、そのため何をしていくべきなのか、などの将来に向けての基本方針も踏まえての、法案提出や法案審議を行っていく必要があります。そのためにも、政治主導の核となる議員政策研究会を十分に活用することで、提言・検証を繰り返し、十分な政策立案、法案審議をしていくつもりです。

 引き続き、参議院においては、国税・地方税、子供手当て・高校無償化、等の関連法案を今月中に仕上げていきます。そして、衆議院においては、重要法案である閣法の政治主導法案、議員立法での国会法、そして公務員法等を本国会中の成立を図ってまいります。

投稿者 kenyuu : 13:47

2010年03月19日

関西へテレビ出演

 本日、関西地方で放送されております、MBS『ちちんぷいぷい』の「今日の★印」というコーナーに出演し、出演者の方々にいろいろな質問・ご意見を頂戴しました。

100319.jpg

 私のこれまでの経歴の紹介をはじめ、現在の民主党の在り方や、今後の歩むべき政策など、約40分間にわたってお話させて頂きました。関西の皆様は、より生活と政策を身近に感じる方が多く、鋭い的確な質問・問題提起も頂戴しましたが、それに対し丁寧にご説明させて頂きました。

 国対委員長という役職のため、時間的制約が強く、地方に行く機会をつくることができなかったため、地方の皆様の生の声を聞くことができたことは、私にとっては良い刺激となりました。これからも、時間の許す限り、地方に足を運び、皆様の生活している街で、直接自分自身でお声を聞ける機会を増やしていきたいと思います

投稿者 kenyuu : 15:15

国対委員長の仕事

今日、3月19日(金)朝日新聞 2面『ニュースが分からん。』のコーナーで、国対委員長の仕事が紹介されました。具体的事例として、私のある一日のスケジュールが掲載されております。

投稿者 kenyuu : 12:46

2010年03月10日

与野党国対・与党国対 委員長会議

 本日、与野党国対委員長会議が行われました。

100310.jpg
 
 民主党は、企業・団体からの献金禁止の協議機関を設けることを賛成致しましたが、自民・共産党が難色を示したため、再検討ということになりました。

 同時に、子供手当・高校無償化の両法案について、公明党から申し出もあり、修正協議に応じました。高校無償化については3年の見直し規定を盛り込み、子供手当は児童保養施設の子供にも対象を広げる、附則改正を致しました。その後、与党国対委員長会議を行い、社民・国民新にも了解を得ました。

 更に、与党国対委員長会議において、核持ち込みに関する解決の必要性が主張されました。4つの密約は、アメリカではすでに公表されているにもかかわらず、日本においては、未だ国民の皆様に公表されておりません。戦後から前政権までの長い間、密約に関する大量文章が焼却され、存在が分からない状態なっております。外務省内での組織的な隠ぺいが続けられていたと思われます。外交文書については、文書保存の在り方や、公表の仕方について改めて対応を検討する必要があります。

投稿者 kenyuu : 17:26