« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月26日

確認書

 本日、与野党国対委員長会議を開催し、予算審議に関する『確認誓約書』を提示し、自民・公明両党の合意を得ました。「仮配分問題等」に関する集中審議などを行ったうえ、2日夕刻までをめどに、予算及び関連法案の採決をするということを確約致しました。

100226.jpg

 非常に厳しい国民生活状態を考えますと、「子供手当て」・「高校無償化」、さらには地方への配分を厚くしている今回の予算は、年度内成立を期するためになんとしても、2日迄に衆議院を通さなければなりません。

 また、予算が年度内に上がるという見通しが立ったことにより、地方や各業界・団体等に、景気対策の大きなアナウンス効果となって響いていくと思います。

投稿者 kenyuu : 17:24

2010年02月25日

解任、不信任決議

 予算の終盤を迎え、本日は3度も本会議が開かれるという、異例の展開となりました。

100225.jpg

 江藤副議長からご依頼があり、昨日の夕刻に、川崎国対委員長と会談をしました。こちらからは、国会や議会の権威や品位を保つためにも、政策論争をしていきたい旨をお伝えしました。しかしながら、「政治とカネ」問題の証人喚問要求など、予算に直接関係なく、審議の引き延ばしとしか思えないご要望が自民党からありました。

 本日、議運委員長解任決議案、議長不信任決議案が提出されました。単に、審議を引き延ばそうとする古典的な手法戦略により、子供手当て、高校無償化などの生活法案つぶそうとする意図がありありです。

 国民の皆様は、1日も早い予算の成立を願っております。日本各地では、景気が良くない状況下ですが、地方・各事業体において、将来に向けての事業計画を具体的に踏み出せることができるのです。そのため、いかなることがあっても年度内成立を図らなければなりません。

投稿者 kenyuu : 17:22

2010年02月17日

与党国対委員長会議・党首討論

 昨日、与党国対委員長会議を開催し、予算審議を含めた今後の運営につきまして協議いたしました。本会議では約4時間にわたり、予算関連法案である国税・地方税の趣旨説明と質疑を行われました。

100217.jpg

 予算は、全ての法案において、資金的な必要なものの裏付けであります。予算が組み立たない情勢では、内閣として政権党として、なによりも国民の皆様に対して役割を果たせません。
去年、野党の国会対策委員長の時でも、「国民生活に早くお役に立つべきだ。」との信念から、補正予算に賛成し、本予算も2月27日の採決に同意致しました。国民の生活を守る予算審議を、政局の道具や権力闘争にだけ利用しようという姿は、国民の支持を得にくいのではないでしょうか。失業給付金、地方交付税交付金などの支給が遅れないよう、3月2日迄の成立に全力を挙げてまいります。


 本日は、予算審議の期間中ですが、野党の申し入れを受け、異例の党首討論を行いました。野党の質問は、決して建設的と言えるものではなく、司法の役割と立法府の使命を取り違えているようで、いささか寂しい気持ちがいたしました。与野党問わず、国会の権威と品位をもっと高めていきたいものです。
これからは、予算編成の後半戦となります。本予算の成立に、全力を挙げて取り組んでまいります。

投稿者 kenyuu : 17:00

2010年02月08日

民主党秘書研修プログラム

 本日、民主党の衆・参の秘書方で構成される、秘書研修会で講演をいたしました。今回のテーマは、『今国会における民主党の方針』ということで、お話をさせて頂きました。

100208.jpg

 前回の衆議院選挙におきまして、143人の新人議員が初当選をしましたが、同時に秘書も多くの方が永田町にはいってきました。また、与党議員に仕える秘書としても、責任の重さも以前とは増したものになりました。

 マニュフェストの実現が、国民の手に、社会生活に、届くまでのプロセスを国会対策委員会の役割・機能を通してご説明しました。その過程においては、マニュフェストと法案の関係、質問研究会の位置づけ、議員立法と閣法の違い、予算審議の本質、本国会での提出・審議過程、参議院先議法案など、多様多面的なシーンが登場します。
その各シーンにおいて、私は、前政権の従来システムに追いつき慣れることが、決して与党秘書になったのではないことを、強く訴えました。あくまでも、今が転換期である意識を組織内で理解・共有してもらい、自分達で新たな構造を創っていく必要性があることを説きました。

 新人議員がのみならず、秘書方々に我が党の命運がかかっていると言っても過言ではないです。議員と同様、国民のために日々業務をこなすことに、全く変わりはございません。秘書が原動力になり、議員と一緒になって創り出していく。事務所のため、先生のため、党のため、なによりも国民のために邁進し活躍していってほしいです。

投稿者 kenyuu : 16:39