« 野木町 煉瓦窯視察 | メイン | 仕事はじめ »

2009年12月28日

年末ご挨拶

 時節柄、ご多忙のことと存じます。
 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 本年は、国民の皆様の多大なご支援により、衆議院選挙にて歴史的大勝、政権交代を成功させることができたことを、心から厚く御礼申し上げます。


 今年を、国会対策委員長の立場として振り返りますと、本年度のターニングポイントとしては、「選挙時期をいつにするか」が勝負所だったと感じています。「政局よりも政策」と唱え続けてきた旧政権ではありますが、結果的には「政策よりも政局」を重視し、国民生活を蔑ろにしていました。そのフラストレーションが、かつてない勢いの民意となり、生活重視・脱官僚支配等を唱え続けた我が党を、皆様の手で選択して頂いたと思っております。

 約4カ月政権を担ってまいりましたが、ここまで子供手当て・肝炎対策法案など、「国民生活が第一」を基礎に、「政権公約」をなすための政策を推し進めてまいりました。しかしながら、今もなお続くデフレ対策・脱官僚支配システム構築など、政権交代後の年内の政策は、旧政権の軌道修正を行うことに労力を費やしてきた感は否めません。

 年明けからの、通常国会開会から3月までに作成され、6月以降に施行される政策こそが、純正なる民主党政権の本来の政策であります。国民の生活がどうすれば改善され、よりよい生活を営めるのか、与党・野党とも政策論争を国会の場でしていきたい。それが、民主主義政治の本来あるべき姿ではないかと思います。
 それに伴い、一部の法案・政策作成過程においては、国民の皆様に十分な納得いく説明ができない点があったことは、反省すべきところでございます。政府・与党一体となり、よりプロセスが「見える化」できる方法の選択も、行っていかなければなりません。


 来年は、通常国会閉会後には、夏の参議院選挙が待ち構えています。国民の皆様と党内が一枚岩になって勝ち取った政権。参議院選挙においても、引き続き皆様のご支持を賜れるよう、来年も更なる発展・飛躍に向けて、誠心誠意努力する所存でございます。より一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げるとともに、歳末のご挨拶とさせて頂きます。


20091228.jpg

<本年度最後の与党3党国対委員長会談>

投稿者 kenyuu : 2009年12月28日 17:43