« 肝炎対策法案が可決 | メイン | 臨時国会日閉会 »

2009年11月30日

会期延長

 本来は、本日をもって会期末となっておりました。

 当初は、先週末自民・公明国対委員長と9時から事前に協議の上、本日9時30分より与野党国対委員長会議を持つ予定でした。しかしながら、自民党より急に時間変更の申し入れがありましたので、個別に公明党・共産党・みんなの党とお話し合いをし、そして最後に自民党に会期延長に関するご提案をさせて頂きました。

 公明様よりご意見のあった、十分な審議時間確保は最大限配慮する考えであり、場合によっては、明日の本会議を遅らせても配慮させて頂くつもりです。その点を鑑みても、できるだけ早く生活のお役に立てるように、最小限の延長ということで4日にさせていただき、議長に対し4日間の会期延長手続きの申し入れを行いました。

 本来、この会期延長につきましては、自民党・公明党との国対交渉で、国会は9日まで延長し、その間に党首討論を行った上で全ての法案を上げる、ということで一度は一致をしました。しかし、郵政採決を行うことにより、自民党内での不一致が浮き彫りになることを恐れた自民党の最高幹部が、がむしゃらに国会を壊して国会に出てこない体勢を作るためにか、突然また27日から審議拒否に入りました。そうであれば、いくら話し合っても結論は出ません。

 円高・デフレなどで経済が非常に緊急性を帯びているため、その経済・景気対策として補正予算・本予算を早く組む必要性があります。本国会で生活関連法案を一日も早く成立させ、予算の一日も早い作成に全力を挙げてゆきたいと思います。


20091130.jpg


<横路衆議院議長に、会期延長の申し入れ>

投稿者 kenyuu : 2009年11月30日 13:48