« 与野党国対委員長会談 | メイン | 会期延長 »

2009年11月26日

肝炎対策法案が可決

本日は、国会運営が正常に動き始めました。

 今日の本会議では、給与法改正法案、インフルエンザ法案、肝炎対策基本法案が採決され、無事に可決されました。郵政株式売却凍結法案につきましても、趣旨説明と質疑を実施し審議入りが決まりました。この郵政法案につきましては、丁寧に審議を重ねることにより成立に向けてまいりたいと思っております。


 肝炎対策法案につきましては、ここまで本当に長い時間、福田衣里子先生がご尽力されてきました。この法案を成立させるために、自身の全身全霊をかけてあの夏の政権交代選挙を勝ち抜いてきました。『思いが実になる政治』、これこそが政権交代後の政治の象徴ではないかと感じます。


20091129-1.jpg


<福田衣里子先生>




 この肝炎法案は、福田先生が注目されることが多いですが、共に同志として柚木道義先生などのご協力がありました。まだ、参議院審議が残っており、法案もあくまでも基本法であるため総合対策を示したものであり、これから具体的内容等を詰めていく必要性があります。しかし、とりあえず二人に尽力された皆様に心から『ご苦労様でした。』と申し上げます。


20091129-2.jpg


< 柚木道義先生>

投稿者 kenyuu : 2009年11月26日 19:01