« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月30日

会期延長

 本来は、本日をもって会期末となっておりました。

 当初は、先週末自民・公明国対委員長と9時から事前に協議の上、本日9時30分より与野党国対委員長会議を持つ予定でした。しかしながら、自民党より急に時間変更の申し入れがありましたので、個別に公明党・共産党・みんなの党とお話し合いをし、そして最後に自民党に会期延長に関するご提案をさせて頂きました。

 公明様よりご意見のあった、十分な審議時間確保は最大限配慮する考えであり、場合によっては、明日の本会議を遅らせても配慮させて頂くつもりです。その点を鑑みても、できるだけ早く生活のお役に立てるように、最小限の延長ということで4日にさせていただき、議長に対し4日間の会期延長手続きの申し入れを行いました。

 本来、この会期延長につきましては、自民党・公明党との国対交渉で、国会は9日まで延長し、その間に党首討論を行った上で全ての法案を上げる、ということで一度は一致をしました。しかし、郵政採決を行うことにより、自民党内での不一致が浮き彫りになることを恐れた自民党の最高幹部が、がむしゃらに国会を壊して国会に出てこない体勢を作るためにか、突然また27日から審議拒否に入りました。そうであれば、いくら話し合っても結論は出ません。

 円高・デフレなどで経済が非常に緊急性を帯びているため、その経済・景気対策として補正予算・本予算を早く組む必要性があります。本国会で生活関連法案を一日も早く成立させ、予算の一日も早い作成に全力を挙げてゆきたいと思います。


20091130.jpg


<横路衆議院議長に、会期延長の申し入れ>

投稿者 kenyuu : 13:48

2009年11月26日

肝炎対策法案が可決

本日は、国会運営が正常に動き始めました。

 今日の本会議では、給与法改正法案、インフルエンザ法案、肝炎対策基本法案が採決され、無事に可決されました。郵政株式売却凍結法案につきましても、趣旨説明と質疑を実施し審議入りが決まりました。この郵政法案につきましては、丁寧に審議を重ねることにより成立に向けてまいりたいと思っております。


 肝炎対策法案につきましては、ここまで本当に長い時間、福田衣里子先生がご尽力されてきました。この法案を成立させるために、自身の全身全霊をかけてあの夏の政権交代選挙を勝ち抜いてきました。『思いが実になる政治』、これこそが政権交代後の政治の象徴ではないかと感じます。


20091129-1.jpg


<福田衣里子先生>




 この肝炎法案は、福田先生が注目されることが多いですが、共に同志として柚木道義先生などのご協力がありました。まだ、参議院審議が残っており、法案もあくまでも基本法であるため総合対策を示したものであり、これから具体的内容等を詰めていく必要性があります。しかし、とりあえず二人に尽力された皆様に心から『ご苦労様でした。』と申し上げます。


20091129-2.jpg


< 柚木道義先生>

投稿者 kenyuu : 19:01

2009年11月24日

与野党国対委員長会談

 今日は、早朝から自民・公明の国対委員長と会談し、今後の国会の運びについて協議しました。その後、与野党国対委員長会談を開催し、国会の正常化について協議致しました。

 その後、野党との個別協議等々を踏まえ、紆余曲折を経ましたが、26日の本会議採決、郵政法案についての趣旨説明、肝炎・原爆症法案についての委員長提案による採決の促進等々を進めることで合意し、事実上の正常化が実現致しました。


20091124.jpg

投稿者 kenyuu : 14:43

2009年11月19日

深夜国会

今日は、本国会において山場とも言える局面を迎えました。

野党側が、当初予定されていた委員会・本会議に対し審議拒否の立場をとりました。その上、自民党国対委員長・幹事長が、横路議長に議会運営の再考察を求めるという、従来の国会対応では考えられない方式をとられました。この様な国対マターに議長を巻き込んでゆくことは、議長の権威を軽んじているものであります。


20091119-1.jpg


また同時に、金融円滑化法案の審議過程においても、財務金融委員会・議員運営委員会の各委員長解任決議を提出されるなど、野党側の不条理な対応より、深夜にまで本会議が行われるという異常な結果となりました。


20091119-2.jpg

投稿者 kenyuu : 19:07

2009年11月16日

読売巨人軍の日本シリーズ優勝祝賀会
(於:グランドプリンスホテル新高輪)

 11月16日、読売ジャイアンツの日本シリーズ優勝祝賀会が行われ、鏡開きにご指名を頂戴しました。

 渡辺恒雄球団会長もご挨拶がありましたが、かつてのV9を超える10連覇を期待しております。


20091116-2.jpg

投稿者 kenyuu : 19:46

与党幹事長・国対委員長会談 (於:常任委員長室)

 本日で、国会会期末まで残り約2週間となりました。先週から、皆様にもご報告申し上げている通り、ここからは「粛々かつ丁寧に」進めるつもりです。

 今後の国会対応を確認するべく、与党幹事長・国対委員長と会談いたしました。これからの国会対応を与党幹事長・国対委員長でご確認をした後、小沢幹事長から国会改革案(国会法)のご説明があり、各幹事長に本国会での法案提出について理解を求めました。

 本国会においては、未だ一つも法案が通っていない状況です。これまでは、野党の対応にも耳を傾けてまいりましたが、決して国民目線の姿勢ではないことは明らかです。このままでは、国民の皆様の生活が守れなくなる恐れがあります。各法案につきましては十分な審議時間は確保することに出来得る限りの配慮しつつも、法案処理を粛々と丁寧にすすめて行くつもりです。


20091116.jpg

投稿者 kenyuu : 12:43

2009年11月14日

オバマ米大統領演説会 (於:サントリーホール)

 11月14日、オバマ大統領の来日に際し行われた、オバマ大統領演説会にご招待をされ、参加させて頂くことができました。アジア歴訪の一カ国目として日本を選んで頂き、演説内容もアメリカのアジア政策を中心に演説されました。
 具体的な演説の項目としては、日米同盟と安全保障、国際経済、北朝鮮問題、温室効果ガス問題等、多岐にわたる分野の提言を示されていました。


20091114-11.jpg


 私自身の感想は一言で言って「すばらしい演説、さすがだなあ。」と感じました。
 お話の基調が我々民主党の方向性と非常に一致しており、基本的に生活者重視であります。日本と同様、アメリカもこれまでの路線とは大きく変わっていくのでしょう。

 同時に、最初の訪問国として日本を選んで頂いたのは、アメリカのこれからの世界戦略を構築するために、新たな日米関係を再構築していくためだという意思が垣間見られました。
 共に、これからの世界戦略を構築していくパートナーとして、引き続き強固な関係を築きながら、協力関係を推し進めていきたいと思います。


20091114-12.jpg

投稿者 kenyuu : 11:49

2009年11月13日

新人議員研修会 (於:院内 第5控室)

 11月13日、有識者の講師の先生方をお招きして研修を行う、新人議員研修会を行いました。
 第一回は、京セラ株式会社 稲盛 和夫名誉会長に起こし頂き、『リーダーのあるべき姿』という演題で、ご講演いただきました。
 稲盛名誉会長は、「政権交代が可能な議会制民主主義の定着」を以前から唱えられてこられ、我が党の政権交代に多大な尽力を頂いている方です。名誉会長の歩んでこられた経験、教訓に、新人議員は熱心に耳を傾けていました。


20091113.jpg

 新人議員であれども、各議員は有権者の代表(リーダー)であり、地元地域のマネジメントを担っているわけです。今後の議員活動だけではなく、将来のリーダーとしての自覚を持ち、今後の活動の糧になったのではないかと思います。

投稿者 kenyuu : 15:40

2009年11月11日

常任・特別委員会並びに国対正副委員長 合同開催会議 11/11
与党・野党国対委員長会談 11/12(於:国対委員長室)

 昨日の政府・民主党の首脳会議を踏まえて、国対三役会・参議院国対委員会との打ち合わせ会・議運メンバーとの会合・国対正副委員長会議を行い、11月16日以降の国会の進め方について説明と指示をいたしました。


20091111-1.jpg


 その内容は、今までの野党の要請に応じて総理所信・代表質問・予算委員会等、十分な時間をとってきました。しかし、人事員総裁の同意人事等をめぐって、自民党・特に議運の強硬姿勢が続いて、法案審議に残された日数はギリギリの所にきてしまいました。

 今後は、野党への配慮も大切とは思いますが、国民生活を守ることをより優先しなければならないので、16日以降の法案審議の取り扱いを粛々かつ丁寧に進めます。



 その後、与党国対委員長・漆原公明国対委員長・穀田共産国対委員長・山内みんなの党国対委員長と会談し、その説明を行いました。最後に、自民党の川崎国対委員長と会談し、説明をいたしました。


20091111-2.jpg

投稿者 kenyuu : 13:00

政府・与党首脳会議
(於:首相官邸)

 11月11日 山岡国対委員長が開催を要請した政府・民主党首脳会議が、首相官邸にて行われました。
政府側は、鳩山総理・菅副総理・平野官房長官、党側は小沢幹事長・輿石東参議院会長・山岡国対委員長。


 鳩山総理から、「皆様ご苦労様です。」という主旨のご挨拶と、平野官房長官の政府概況のご説明の後、小沢幹事長から国会法・陳情処理等のご説明がありました。山岡国対委員長から、国会の成り行き・各法案の説明・今後の方針等をご説明致しました。


20091111-0.jpg

投稿者 kenyuu : 12:00

2009年11月10日

第3回 (日中)交流協議機構 日本会議

 2006年に、山岡国対委員長がセットした、小沢民主党党首(当時)・胡錦濤共産党総書記(中国国家主席)会談において、日中交流協議機構の実施が決定されました。

 2007年1月に第一回会議が開催され、中国共産党と民主党との間で定期的に継続しております、山岡日中交流協議機構事務総長(秘書長)と中心に段取りを進めた「第3回 日中交流協議機構 日本会議」が開催されました。
 本会談では、政権交代後の交流であるため、従来より充実した日中両国の政権与党の交流・協議の場となりました。この専門会議では、政治・安全保障、経済・経済協力、環境保護、教育・文化、人材教育・人材交流、党間交流など、いろいろな議論を交わすことができました。


20091110-1302.jpg


 今後も、東アジア交流地域のさらなる交流のためにも、さらなる友好協力関係の促進を行っていくことを相互に確認し、意見交換を続けていきたいと考えています。


20091110-1305.jpg

投稿者 kenyuu : 13:00

2009年11月05日

与党国対委員長会談が開催されました 10/27,11/5
(於:民主党国対委員長室)

 安定した連立体制を構築してゆくため、国対間の連携を強化してゆきます。
 民主党の方針・当面の課題等について説明し、協同歩調をとって頂くよう要請致しました。


10月27日の会談

20091027-11-1.jpg




11月5日の会談

20091027-11-2.jpg

投稿者 kenyuu : 12:58