« 2005年12月 | メイン | 2006年02月 »

2006年01月15日

豪雪で住・命が危ない(豪雪地帯の実態に迫る)

豪雪災害対策本部長として新潟県、長野県を視察

20061015-03.jpg

前原誠司代表は15日、新潟県津南町・長野県栄村を訪れ、山岡賢次・党豪雪災害対策 本部長とともに昨年末からの記録的な豪雪被害の現状を視察した。 津南町役場では、 新潟県十日町市および津南町の雪害の状況について説明を聴取.田口直人十日町 市長からは「除雪関連予算は平年で約6・5億円.今年は約25億円以上を要する見込みで、 市の自主財源では対応できない状況」との説明を受けた。小林三喜男津南町長からは 「本格的な積雪シーズンを迎えるにあたり、要援護世帯の雪下ろしなど、心配な点が山積。 国に対しては特別交付税の算定等における配慮など、さまざまな支援をお願いしたい」との 要望を受けた。

20061015-04.jpg

栄村役場では、同村内の状況について高橋彦芳村長から説明を聴取した。 村長は「雪害は村内の全世帯に共通する課題であり、国に除雪のための 補助制度の充実などをお願いしたい」と要望を語った。
津南町津原地区では高齢化が進む小規模集落で雪害の実態を視察。 住民からは「お年寄りが・安心して暮らせるよう、行政もバックアップしてほしい」 との悲痛な意見が寄せられた。

20061015-05.jpg

新潟県湯沢町役場では、上村清隆町長より風評被害の恐れがあるなど、 町の現状を聞いた。
前原代表は記者団に対し「今回の視察で大雪による異常な状況を体感すること ができた。山間部では高齢化や過疎化が進み、除雪のためのマンパワーや重機が 不足していることを実感。高齢化社会における豪雪対策という点で新たな局面が 生じているようだ」と述べ、「政府への働きかけを強めていきたい」と語った。
視察には、
筒井信隆、西村智奈美、篠原孝、後藤斎、鷲尾英一郎各衆院議員、森ゆうこ、 黒岩宇洋両参院議員も参加した。
前原誠司代表は19日、官邸に安倍官房長官を訪ね、「豪雪災害に対するより 一層の取り組みについて」と題する小泉首相あての要請書を手渡した。 民主党豪雪災害対策本部長の山岡賢次副代表、同事務局長の田嶋要役員室次長 (危機管理担当)が同行した。

20061015-06.jpg

申し入れ後に記者団に問われて前原代表は、婚日に行った新潟県津南町・長野県栄村等 の視察での自治体からの要望を盛り込む形で申し入れたことを明らかにした.要請のポイント として前原代表は、
①12、1月前半としては異例の大雪のために、当該自治体の年間除雪費用が 底をつく状況であることを十分考慮し、特別交付税はじめ政府のさらなるバック アップ体制の強化、
②豪雪による負担がより一層深刻な高齢者や生活弱者に対するきめ細かい配慮、
③除排雪に有効に機能する重機の整備と近隣自治体との協力体制の官邸主導での整備、
④漠然とした豪雪情報により客足が激減しているスキー場などにおける風評被害対策
などの項目を列挙した。
山岡副代表は、代表が視察先で住民の方々から伺った情報は、役所情報とは違い、 大きな意味を持つとの認識を示し、今回の要請はそうした国民ニーズに即したもの であるとした。
これに対して安倍官房長官は「参考にする」として、民主党の要請を受け前向きに 取り組む姿勢を示した。

投稿者 kenyuu : 16:45